世田谷梅まつりに欠かせない「梅大福」

世田谷梅まつり10年記念の式典で誕生し、約35年間愛され、梅まつりでは欠かせない存在まで成長しました梅大福です。

 

素材の旨味をお届けする為に、梅の種は抜かずに甘露煮にし、梅らしく酸味が程よくあり、とてもみずみずしく、舌触りが滑らかなあんことの相性は抜群です!

心ゆくまで堪能できる贅沢な味わいです!



世田谷梅まつりとは?

東京都世田谷区代田にある羽根木公園で毎年、2月に行われる梅まつりのことで、歴史は古く、1967年(昭和42年)に、区議会議員の方々が議員選出記念として、羽根木公園に55本の梅を植樹された事から始まりました。

その後、東京100周年や、区制40周年等で更に梅が植樹され、1978(昭和53)に第1回せたがや梅まつり開催されました。

今年の2022年で第44回の梅まつりでは、紅梅270本、白梅380本の650本の立派な梅園となり、都内でも屈指の観梅の名所と言われています

 

世田谷梅まつりのWEBサイトはこちら



梅大福がテレビで紹介されました

日本テレビのnews every(ニュース・エブリィ)で2022/02/22(火曜日)の放送で、世田谷梅まつりの特集で、和菓子亀屋の梅大福が紹介されました。